不用品を高く買ってもらいたい。

希少価値のあるもの

 

骨董品と呼ばれるものにはたくさんの種類があります。
その定義は「古いもの」ということと「希少価値の有るもの」ということになります。

古いものとは制作されてから長い年月が経っているもののことを指し、希少価値の有るものとは、この世でいくつも存在しない品物のことを指します。

このことから、古くて希少価値の有る品物であれば、陶器や絵画などの一般的に骨董品としてイメージされているものだけではなく、日用品であっても骨董品とされます。

そのような品物を持っていて手放すことを考えている場合には、買取をしている店に持っていき、査定をしてもらった上で買取してもらうのがいいでしょう。

その店に専門の鑑定士がいることが大切で、その品物の価値をしっかりと目利きしてもらう必要があります。

きちんとした目利きをされない店に持っていったために、査定額を低くされてしまうことがあるからです。

きちんとした店では、その品物に見合った買取をしてくれます。

 

価値  作者  美術鑑定士  外国の  陶器  委託販売