不用品を高く買ってもらいたい。

骨董品買取 朱泥急須

朱泥急須

 中国で古くから、作られていた朱泥急須は、茶道具の一つでおいしい煎茶や紅茶、ウーロン茶などを淹れることが出来ます。

日本には、江戸時代に伝わったと言われていて、数多くの名人と呼ばれている方がおられます。

朱色がとても、うつくしい朱泥急須を骨董品買取の専門業者に依頼したいと思っている方が増えています。

骨董品買取のお店では、多少の使用感はあるのは当然なので、掃除をせずにそのまま持ち込むことが出来るので、一度査定を依頼してみると良いでしょう。年代がそれなりのものであれば、骨董品としての価値があるでしょうし、そうでなくても、こうした実用的なものはアンティークとしても価値もあるかもしれません。

骨董品買取の専門業者が数多く紹介されていて、茶道具などの高価買取が期待出来ます。

朱色がくすんできているものも、見る人が見れば、生活感のあらわれであり、それだけ愛着をもって使われてきたことだと思います。汚くなってるからといって捨ててしまうのはとっても、もったいないです。 骨董品の価値は長い年月を超えて保管されたということにもありますが、その当時の伊吹を感じさせることも魅力の一つだと思います。

 

価値  作者  美術鑑定士  外国の  陶器  委託販売