不用品を高く買ってもらいたい。

美術鑑定士

 

骨董品の真贋や価値を正しく見抜き、相場に合った価格を判定する美術鑑定士は、骨董品の買取業務においてはなくてはならない存在です。

実のところ、美術鑑定士という公的な資格はありません。
しかし、だからこそ、世間から鑑定士と認められる人々は、美術品や骨董品に対する深い知識と、真贋や価値を正しく見定められる鋭い鑑識眼を持ち、多くの経験と実績を積んでいるのです。

それらに裏打ちされた信用こそが、鑑定士と名乗るための「資格」と言えるでしょう。美術鑑定士になるためには、一般的には美術館や画廊、古美術商や骨董品店に就職し、そこで多くの美術品に触れ、地道に勉強や経験を長い時間をかけて積み重ねていく事で、鑑識眼を養っていく必要があります。

そうして一人前になった鑑定士は、独立して自分の店を構えることも多くあります。

また、鑑定士の鑑定技能は、骨董品や美術品の買取だけでなく、オークションなどに品物を出品する際のアドバイザーとして、また時には裁判所の依頼で、裁判所が差し押さえた品物や、詐欺事件に利用された品物の鑑定を行う「国定鑑定人」としてなど、様々な分野で役に立っています。

 

価値  作者  美術鑑定士  外国の  陶器  委託販売