不用品を高く買ってもらいたい。

無名の作品

 

骨董品は基本的に、歴史が現れるとされる年数や有名作者によって手がかれたものかどうかの証明が確認できることまた人気の作者の作品、人気のシリーズかによっても買取価格に大きな変動が生じてきます。

その点から見ても無名の釈社による骨董品は基本的に二束三文の買取価格になってしまう可能性の方が高いです。

これは日本の骨董文化の違いが大きく影響されていて、例えば掛け軸・絵画・陶器などの飾ることで価値があるとされている美術品は、「歴史や趣などが認証されてはじめて美しい」とされているため、有名作者の認証などが確認できてはじめて骨董美術品としての価値がなされるからです。

とは言え茶箱・唐物、竹根工芸品などといった伝統工芸品などの分野においては、無名の骨董品でも大陸より渡ってきた時代を感じる趣があるもの、味わいが感じられる作品であれば高価な買取が期待できます。

これは竹細工などの古い伝統方法は今では様変わりしていて、歴史が残る伝統手法が稀少とされているからです。

 

価値  作者  美術鑑定士  外国の  陶器  委託販売