不用品を高く買ってもらいたい。

焼き物

 

備前焼は、岡山県の備前市の周辺で作られる陶器であり、12世紀の頃に発祥したとされています。

歴史が長い焼き物ですから、骨董品としての価値がある作品も多く、買取における需要も高くなっています。

焼き物としての最大の特徴は、釉薬を用いずに焼き締めを施すことで、独特な色彩を生み出すことにあります。原料となる土は、田んぼから取り出してから長く寝かせて、よく馴染んだ状態で使うことも有名です。備前焼の歴史は、茶道の発展とともに隆盛を迎え、近世の初期には古備前と呼ばれる銘品を生み出しました。

時代ごとに優れた造形が生み出されてきましたが、火襷の窯変は特に名高く、陶磁器としての名声を象徴するデザインとなっています。

買取で高い評価を得るためには、歴史的な価値を示す銘があり、同時に製作の由来を示す資料があれば理想的です。

江戸時代の備前焼であれば、骨董品としての魅力が特に高まり、査定における期待も増大します。

近代以降の作品であっても、人気の陶芸家が作ったものであれば、やがては骨董品として出回るようにもなります。

 

価値  作者  美術鑑定士  外国の  陶器  委託販売